ハワイ留学の幼稚園生~大学生までの留学、その他親子留学、専門学校への留学、語学留学、短期留学など幅広い分野でのハワイ留学をサポート

ハワイ留学センター

長期語学留学について

HOME > 長期語学留学 > 長期語学留学について

ハワイ長期語学留学
長期語学留学について

語学学校留学は3ヶ月(90日)未満の短期留学と3ヶ月以上の長期留学に大別されます。
短期語学留学はハワイの場合、学生ビザを必要としなくても就学可能ですが、長期語学留学は必ず学生ビザをとってからの入学になります。
3ヶ月以上のハワイ留学を目的とした方、あるいは90日未満でも週に18時間以上または1日5時間以上学びたい方の留学には学生ビザを必要とします。
入学に際しましては、入学を希望する学校のSEVIS I-20が必要です。そして、そのSEVIS I-20とその他必要書類をそろえて学生ビザを申請します。
{SEVIS I-20取得の手続きはハワイ留学センターの入学手続きで、又、学生ビザ申請の各種お手伝い及びアドバイスは学生ビザ申請手続きで承っております。}
2003年(平成15年)7月22日より全ての皆様が個人でアメリカ大使館或いは領事館の窓口へ行き、申請しなければならなくなりました。また、その際5~20分間くらいのインタビューがございます。(ハワイ留学センター学生ビザ申請手続きでは的確なアドバイスをしておりますのでどうぞご利用下さい。)
それが終わりまして晴れて学生ビザ取得、ハワイ留学へ出発となるわけです。
入国は語学学校の入校日の2週間くらい前が望ましいと思われます。かつては滞在場所を探すという理由で1ヶ月以上前でも入国出来たのですが、9・11テロ事件後は滞在先を探すのにそれほど時間はかからないはず、というように判断され前述のようになってしまいました。
ハワイの語学学校ではそのタームのスタート日が決まっておりますが、多くの語学学校では週の初めの月曜日からのスタートも受け付けています。ハワイの語学学校はどこも英語力のレベルに応じてクラス分けされており、学習しやすい環境にあります。学校登校初日に英語のプレースメントテストがあり、どのクラスに入るかを決められます。午前中の授業にするか午後の授業にするかは、残念ながらご自身では決められません。出欠に関しましてはハワイのどの語学学校も9・11テロ事件以降、非常に厳しい管理体制になっており、無断欠席、遅刻は許されなくなりましたのでご注意下さい。
一週間もすればお友達もでき、さまざまな情報が入りハワイ留学をエンジョイなされることと思います。
ハワイ留学の滞在先はコンドミニアムホームステイルームシェアの三種に大別されます。
は語学学校の場合はコンドミニアムと同じ場合もあります(ナイスなど大学関係の場合はいわゆる寮に入れる場合もあります。)
2006年になってからハワイのコンドミニアムはステュディオ月$1200以上{(6ヶ月以上の契約):(バケーションレンタル$1500~、}が主流になってきました。よく言われることですがアメリカは安全を買います。従いまして、コンドミニアムの場合などは値段が高いほどセキュリティーがしっかりしていますし、お部屋もきれいと言えます。
又、ハワイのコンドミニアムの契約は最低でも6ヶ月以上です。6ヶ月未満の場合はバケーション・レンタルと言いまして普通より少し高いお家賃になります。ホームステイは、月$900~、1日2食が一般的です。
以上のコンドミニアムでもホームステイでも、まだ高いと思っている方はルームシェア(いわゆる間借り)や寮があります。ルームシェアは1ヶ月$750くらい、寮は1ヶ月$600くらいが相場です。食事は自分で作ります。
弊センターのハワイ留学パックは滞在期間中の万が一のことを考慮して24時間緊急電話対応付きです。ハワイ親子留学でも語学学校並びにハワイの幼稚園小学校と太いパイプを持つ弊センターがハワイ留学のご満足いただけるサポート、安心していただけるサポートをしております。
短期でも、長期でも、ひとたび海外で何かあったら・・・考えたくないことですが、そこまでの危機管理を弊センターは受け負っております。どうぞ安心して、ハワイを満喫しながら勉強に専念して下さい。「何かの時はハワイ留学センターがバックについている」と思って、のびのびしたハワイ留学をしていただければ幸いです。


ハワイ留学センターのハワイ長期語学留学パックで、「安くて、安心、安全」なハワイ留学をして、さらなる英語の実力アップに向けて励んで下さい。私たちハワイ留学センターも応援します。

お問い合わせ
facebookLINE
page top