ハワイ留学の幼稚園生~大学生までの留学、その他親子留学、専門学校への留学、語学留学、短期留学など幅広い分野でのハワイ留学をサポート

ハワイ留学センター

DV-2020 抽選永住権 DVプログラム - 応募資格

HOME > アメリカ抽選永住権 > DV-2020 抽選永住権 DVプログラム - 応募資格

アメリカ抽選永住権
DV-2020 抽選永住権 DVプログラム - 応募資格

1. 応募者ご自身が日本国及び指定国で生まれていること。 指定国の出生者(ネイティブ)で心身共に健康であること。
注:ネイティブとは本人、配偶者、両親のどちらかのうち、誰かが日本生まれであることを指してます。日本国籍には関係しません。又、日本は指定国です。

2. 18才以上で高校卒業以上の学歴のある人、または中学卒業以降において過去5年以内に最低2年以上の訓練を必要とする職業に2年以上就についていた経験のある人。

3. 逮捕歴がなく、移民法等における問題のない人。
応募できない方
・麻薬常習者あるいは麻薬や売春にからむ重大な犯罪を犯した人。
・テロリストや破壊活動を行う人。
・アメリカで生活保護の対象となる可能性のある人。
・非合法でアメリカに入国しようとした人など。

DVローターリーの応募は一人1通のみ有効で、2通以上応募した場合は無効になります。(複数の応募を行った場合は今後のK.C.Centerのデータに残るおそれがございますのでご注意下さい。)

当選するとその配偶者、21才未満の未婚のお子様にも永住権が付与されます。

当選発表は応募者ご自身の住所に通知されます。当選者は当局の指示に従った書類を提出して下さい。それら全ての手続き、審査、面接を終えたあと、渡米後にはれてグリーンカードが取得できます。当選後の手続きを速く、着実、確実に行いませんと当選していながらも、グリーンカード発給枠から洩れる可能性がございます。(例えばDV-2003では5万人のグリーンカード発給枠に対し8万7千人に又、DV-2004では11万1千人に当選通知を出しています。つまり、当選後は早いもの勝ちといつことになります。)尚、弊センターでは永住権取得後の書類作成、翻訳、その他のコンサルティングも承っております。お気軽にお申し込みください。

お問い合わせ
facebookLINE
page top